【配信停止中】3密チェッカーアプリに関してはこちらをご覧ください

開発テスト用にXperia Z3を購入

購入するにあたって

Android Studioで開発したアプリを、より実際の状況と同じ目線でテストしたいので、いつも仮想環境ではなく実機でデバッグしています。
今メインで使っているスマホはHUAWEI nova3(Android9)ですが、常にPCと接続したまま長時間開発を続けると電池持ちや画面焼き付きなどの問題から、メイン端末をデバッグにはあまり使いたくないです。
そこで、開発用にAndroid One S1(Android8.1.0)を今使っていますが、通知テスト用にまだ持っていないAndroid6・7台を搭載したスマホが必要になり、今回この機種を購入してみました。

購入レビュー

Xperia Z3のバックパネル。Xperia Z1とほとんど同じ。

中古スマホが破格で手に入りやすいメルカリで、3,500円で購入しました。
擦り傷は少しありますが、Xperiaの中古品によくあるタッチ切れはなく、電池持ちも良好でタッチパネルも背面も全く割れていませんでした。
これだけでも3,500円は安いと思いますが、おまけに充電器も付属していました!
私は以前Xperia Z1を持っていましたが、バックパネルを見ただけだと、赤外線通信部分がなくなっただけでほとんど同じです。(サイズが若干違うのでケースは流用できませんでした。)

  • Xperia Z3 au版(SOL26)
  • Androidバージョンは5.0.2(au版最終バージョン)
初期状態のホーム画面
Androidバージョンは5.0.2

この端末がアップデートできる最終バージョンは5.0.2ですが、ドコモ版だと6.0.1までアップデートできます。
さらにこの端末にはAndroid Nougat(Android7)のDeveloper Previewも提供されているので、実質4.4.4・5.0.2・6.0.1・7.0の4つのバージョンを使えます。
ただし今回購入したau版のSOL26では4.4.4と5.0.2の2つしか正式対応していないので、裏技を使って導入する必要があります。

今テスト用に欲しいバージョンは6か7台ですが、今回はこの端末でAndroid6.0.1を動かせるようにすることを目標に頑張ってみます。
また、再起動シミュレートコマンド(adb shell am broadcast -a android.intent.action.BOOT_COMPLETED -p {再起動シミュレートするアプリのID}」などのルート権限が必要なコマンドも使えるようにしたいので、Root化も行いたいと思います。

最終目標

  • Androidバージョンを6.0.1にする
  • Root化して権限が必要なテストコマンドを使えるようにする

発売から5年半が経ったスマホですが、Android One S1と比べてまだまだ使える端末だと思いました。
文鎮化しないように頑張って調べて成功させたいと思います。

続く……

XperiaZ3(SOL26)にグローバル版Android6.0.1を焼く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)